英語の型を可視化する

BBカード歴2〜3年以上の
高学年クラスでは文字カードの色分けが始まりました。

色々なゲームで遊んできたことで・・・

1)センテンスが(絵カードを見て)スラスラと言える

2)語句のかたまり(切れ目)がおおよそわかっている

3)おおよその意味がつかめている

 

そのなんとなくわかっていることを

色分けしながら可視化していきます。

 

繰り返していくうちに、

中には「〜に、〜を(目的語)」だったら「黄色だね」と、

サッと黄色のペンをとって線を引こうとする生徒さんも。

 

けれど、5文型だとか、、、

文法用語はよほど聞かれない限り秘密です(笑)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です