ゆっくりはっきり言われるとかえってわからない

今年の5月くらいだったでしょうか、
生徒さんの発言で鳥肌が立ったことがあります。

通い出して3年目の生徒さんが、
ウォーミングアップの時間(英語でQ&A)に

「学校の英語は、
ゆっくり、はっきり言われるから
かえってわからない。」

と言いました。

 

教室ではどの教材においても

ナチュラルスピードで、
センテンスごと、語句のかたまりごと
インプットする・アウトプットする

ということを理念の一つとしています。

 

理由は語ると長くなるので割愛しますが、
これはBBカードの理念でもあり、
英語を身につけた方なら共感できることだと思います。

 

学習を始めて3年目を迎えたばかりの小学生が、
すでに本質を理解していることに、
深〜く感動した日でした☆

 

ところで
センテンスごとインプットだなんて・・・

初心者には無謀なのでは?
うちの子には無理なのでは?

と思う方もいらっしゃるかもしれません。

でもそれができてしまう教材やメソッドが
ここにはあります 🙂

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です