TheyもBBカードで見せる

教室に通い出して3年目の3年生クラス。

ジョリーフォニックスは基本の42音の学習を終えて、
スチューデントブック2の同音異綴りに入っています。

この同音異綴りを習得すると、
中学教科書単語の約7割が初見読みできるようになります。

・・・って同音異綴りのことが書きたくなりましたが、
それは今日の本題とは違いました。アブナイ、アブナイ、笑。

 

話を戻して、
スチューデントブック2ではひっかけ単語と言って、
フォニックスルールでは読めない単語も扱っています。
(いわゆるSight Wordsです)

この間は代名詞の”they”が出てきましたが、
解説はせず、BBカードで見せていきました。

 

イメージ写真。実際はフラッシュカードのように繰り出して、クイズ感覚で答えてもらいました。

そうしたら・・・

“they”がいくつも見つかりました♪

慣れ親しんだキャラクターたちのことなので、
みんなもう「知ってるよ〜」という風です  🙂

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です