善玉ピアプレッシャーの効果

成長

ピアプレッシャー(仲間からの圧力)
という言葉を聞いたことがありますか?

日本では「みんながやっているから自分もやる」
という心理を指していて、ネガティブに捉えられがちなのですが、

これには善玉もあって、

「周りが勉強しているから自分もやる」
「他の子ができたから自分もやる」

という具合にポジティブな行動を増やすことに
つなげることもできるんですって。

(出典:超効率勉強法 by Daigo)

そのことを実体験したのが、
昨日の学童保育でのレッスン。

7月から1年生さん10名が新たに加わり、

先月の体験レッスンの弾けっぷりから(笑)
どんなレッスンになるのか、いささか懸念していましたが、

お手伝いで入ってくれた先輩3年生2名が
とてもよい働きをしてくれたおかげで
円滑にレッスンを進めることができました♡

その3年生が見違えるほどしっかり者になって
1年生をリードしてくれたことには感動すら覚えました。

そして次のコマ、
3年生以上のクラスでも「あれ?あれ?」
いつも以上にちゃんとやるべきことができている。

ゲームに夢中でおろそかになりがちだった
BBカードのセンテンスのリピートもできている。。。

そのことを学童の先生に報告したら、

「1年生が入ったこと、仲間のうちの2人がお手伝いに入ったこと、
とで、良いプレッシャーがかかって「ちゃんとやろう!」
という気持ちになったのではないか。」

ということでした。

子どもたちってきっかけ次第で
瞬時に良い方向に変化する時がある☆

ピアプレッシャーの善玉例体験記でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました