中学生がリスニング力を上げるには?本編

すっかり間が空いてしまいましたが・・・(汗)

「中学生がリスニング力を上げるには?
→ディクテーションをやりましょう。」

というお話です。

ディクテーションとは聞こえてくる音(単語や文章)を書き取ることです。

聞き流すだけとは違い、集中して聞くこと、書き出してみることで、
聞こえづらい単語、知らなかった単語、文法上の弱点などが見えてきます。

1)音声教材を選ぶ
英検5〜3級のリスニングパート/NHKラジオ講座・基礎英語1、2
中学教科書ワークに付属のCDなど

この時、自分がやさしい、平坦だと感じるレベルの音声を選びます。
いきなりレベルに合わないものを選ぶと挫折しちゃいますからね(^^)

2)なるべく定期的に行う
一度にドカン!とやるよりも、頻度を高めて、コツコツやることをお勧めします。
脳は繰り返し入ってくる情報を覚えようとするからです。

3)掛け流しではなく「集中して聞く」

4)聞くことになれたら書き取ってみましょう。
まず聞き取る範囲を決めておきます。

一文聞いたら、音声を止めて書き留めます。
範囲の箇所まで繰り返します。

文章の意味は考えないで「音だけに集中します」。

5)テキストを見て書けなかったところを確認します。
この時スペリングはあまり気にしないでください(綴りは別課題)。

それよりも文構造のどこが聞き取れなかったか(品詞)が大切です。
動詞?形容詞?前置詞?冠詞?単数複数?文法知識も含め、弱点が見えてきます。

BBカードなどで英語の語順に慣れているお子さんはただ闇雲に聞くのと違い、慣れてくるのが早いと思います。慣れてくると全てを正確に聞き取れていなくても、文法的な判断も加わって「書いたものがおかしい」と気付けるようになります。)

慣れてくるうちに、最初は一文聞き取るのが精一杯だったものが、二文という具合に、聞き取れる範囲が増えていきます。

6)綴りの間違いはメモするなどして、単語練習をします。

単語練習もやり方は人それぞれ。
一つの単語を何十回も書く、というのは私はあまり意義を感じません。手が疲れて嫌になるだけならやめて、自分なりの方法を考えましょう。自分は「視覚、聴覚、体感」のどれが強いのか分析して(大概複合型だそうです)、五感に訴える方法を考える、というのは良いと思います。

鉛筆で紙に書くばかりでなく、指で宙に書いてもいいし、覚えられるなら、なぞり読みだけでもいい(図形的に単語を捉える)。私はスペリングが複雑な単語は、ブラインドタッチ(頭の中にキーボードが浮かんでいる、時には指を動かす)で覚えました。

フォニックスの知識があるなら、発音してみて確かめて、文字の構成を分析することもできますね⭐︎

リスニング力はすぐには上がってきません。
まずは3ヶ月やってみるつもりでトライしてみてください(^^)




ご相談は随時受付中です。
お問い合わせは下記フォームより
お申し込みください。

入会案内 | クラス一覧 | 日程・空き状況
教材紹介 | 講師紹介 | アクセス

ハレルヤイングリッシュクラス
お問い合わせフォームはこちら
046-207-8824
https://hallelujah-ec.com/
神奈川県海老名市国分寺台1丁目
小田急線海老名駅より徒歩22分 バス便多数

英語学習のヒント

Posted by ysymky


PAGE TOP