About・レッスン内容

 

レッスンの方針

子どもたちは楽しいことが大好きですし、楽しいと思ったことを覚え、身につけるのが得意です。

カードゲームを主体にリラックスした雰囲気の中で、中学英語の核となる英文を聞いて、まねして、読んで、書くことを繰り返すことで、一般的な学習塾や学校教育ではカバーしていない分野=実践的な英語力につながる土台づくりをポリシーとしています。

 

レッスンの特色

 

受講2年〜4年でこのような生徒さんが育っています。
(個人差はありますが概ねこのような成長が見られます)

 

  • ナチュラルスピードの英語を聞き取るリスニング力
  • 英語らしい発音、リズム、アクセント
  • 初めて見る英単語を類推で読む力
  • 英語の語順で発想し、表現する力
  • 英語が好き・得意だという肯定感
  • 英検合格内容の質の高さ

 

目指すところ

子どもたちは英単語の意味を覚えたり、テストで良い点数が取れるととても誇らしげです。けれども「知っている単語を使って何か言えるか?」というとそれは次のステップで、トレーニングが必要だということがわかります。

教室では子どもたちが使える英語を身につけることを目指し、知識やインプットを引き出す問いかけを大切にし、言葉遊びをしながら自分の頭で考える機会を用意しています。

小学生のうちに基礎力をつけて、中学での学習に余力が生まれれば、例えば英検の級を前倒しで取得していっても良いですし、多読を習慣にしながらネイティブの英語を吸収し続けるのも良いと思います。

又、学習歴3年以上の生徒さんにはメリハリや自信をつける意味で英検受験を勧めています。4年生で5級取得、5〜6年生で4級〜3級取得、中1の間に3級取得を一つのモデルケースと考えています。

受験対策という小手先の準備ではなく、レッスンで培った力をベースに、返り読みしないリーディング、単語であたりをつけるのではなくセンテンスで聞き取れているリスニング、というような質の高い合格を目指しています。

 

お問い合わせや体験レッスンのお申し込みはこちらへ

 

教材紹介

 

教室で使用している主な教材です

 

ジョリーフォニックス【読み書き+発音】

欧米の子どもたちはフォニックスでアルファベットの音と文字の規則性、読み書きを学んでいます。 フォニックスのスキルを身につけると初めて見る単語でも自力で読めるようになります。

このプログラムでは、歌・物語・アクション等、五感を刺激しながら学んでいくことで文字の形と音がスッと入り易く、学習初期の段階から「どんどん読める、書ける※」ようになっていくことが特徴です。

teacher, difficult, different, decide, important, lightning, etc…
個人差はありますが、このような中学英単語も読めるようになります。

1つ1つの音を声に出すので発音がきれいになり、リスニングの基礎練習にもなります。

 

BBカード(Letters & Sounds 64)
【リスニング、スピーキング、ライティング】

英検3級レベル※までの64センテンスをカードゲームで楽しみながらインプット。敢えてナチュラルスピードのセンテンスを、聞いて、真似して、口ずさみます。

大量に反復することで、英語の語順、文型が長期記憶に残り、英語を英語のままで理解する英語脳の土台が作られていきます。

キーセンテンスを拠り所に、語句の入れ替え、時制の転換をゲーム中に口頭で行なったり、遊び感覚で作文していくうちに、理解力、表現力をつけていくことができます。

※英検3級=中学卒業程度

 

えいご日記

お手本の真似から始まって、語句を自分にあったものに入れ替えながら表現の幅を広げます。

BBカードのセンテンス(文型)のインプットが拠り所となって、生徒さんはそれぞれのペースで英文を組み立てる感覚が育っています。

週3回の宿題にしていますが、書いた後は音読を習慣にすることで会話力につなげることもできます。書きっぱなしにならないよう、レッスン冒頭では一人一人にQ&Aの時間を設けています

 

英検でる順パス単

3年生以上のクラスで取り入れています。
口、耳、目、指を使って、単語の読み方、意味、つづりを覚えます。

理解力アップ、英検準備に役立つのはもちろんのことですが、単語についての知識だけはなく、使える英語にしていけるよう、インプットの進んだクラスではレッスンの中で単語(特に動詞)を使った口頭作文をしています。

 

その他

チャンツ(センテンスをリズムに乗せて発声すること)で英語のリズムや言い回しに親しみます。

絵本多読 言葉の世界が豊かになります。個人的な話になりますが、長男の高い語彙力、教養あるスピーキング、ライティング力は多読によるところが大きいと思われます。学習者の英語力アップから帰国子女の英語力保持まで、効果的な方法だと言えます。

 

レッスンの流れ

英語日記Q&A
書いてきた英語日記について一人一人に質問→英語で答えます。

 

ミニテスト(3年生以上のクラス)
英語日記Q&Aの自分の番が来るまでの間にミニテストを受けます。ゲームで口ずさんでいるセンテンスや口頭作文を文字で確認し、正しいインプットに導くためのプロセスです。

 

絵本読み聞かせ
絵本や海外の文化に親しむ、様々な表現に触れ語感を養う、絵本に関心を持ってもらい多読につなげたい、という願い(下心、笑)があります。

 

ジョリーフォニックス
読み書きの基礎力をつける時間です。学習歴2〜3年で、英検問題を含む、中学生レベルの文章を初見で読むことができるようになっていきます。

 

BBカード
カードを並べながら「おまじない」で動詞の不規則変化を口ずさみます。センテンスがほぼ言えるようになったクラスでは、その日の文法ターゲットに沿った文の要素(SVOCM)を入れ替えて口頭作文をします。時には1コマ〜3コマまんがを描く時間も設けます。

 

生徒さんの作品はインスタグラムに投稿していますので是非ご覧ください♪

ゲームのポイント交換
ポイント券をもらって帰ります。ポイントは3月のお買い物イベントで文具、おもちゃ、お菓子に交換します。

 

 

お問い合わせや体験レッスンのお申し込みはこちらへ

タイトルとURLをコピーしました